癒しのジャングル探偵団

現代に癒しを求めるタマネギ。主に国内や海外の旅行情報や、面白いネタを日々書いてます

ダンスミュージック好きな人必見!今はやりのEDMについて語ろう!(中級編)

   

ライブを楽しむ人々photo credit:Michael Thomas

こんにちは!
最近の洋楽がいまいちパッとしないのでテンションが下がっているTamayaです。

このEDMの記事3部作は以前から書きたいと思い内容を練っていました。
初級と上級はすぐ思いついたのですが、中級編については何も決められず・・・。
ええい!いきあたりばったりだ!

ということで中級編は、これからのEDMを担っていくDJアーティストと、
そのDJを支えるボーカルについてお話ししたいと思います。  

スポンサーリンク

若手から中堅どころまでEDMアーティストの底力を見よ!

Martin Garrix(マーティン・ガーリックス)

実はマーティン・ガーリックスは以前このブログで紹介したことがあるのです。

「いい音だすなぁ」と調べてみたらまだ18歳だったという(汗

若い時に才能が開花するのは素晴らしいことだけど、10年後、20年後、その時にどんな音をだしているか?そこが本当の勝負になるのではないかと思います。

 

Nicky Romero(ニッキー・ロメオ)

実はこの曲もマーティンと一緒にブログで紹介したんですよね(汗
この「Toulouse」という曲なのですがPVの世界観がずっと気になっていました。PVでは最初に、主人公はアノニマスの仮面を被っている若者を見て「なんだ、あいつ」と眉をひそめながら遠巻きに見ます(チラチラ)。しかしひとたび自分が仮面を被せられたら、享楽的に周りを巻き込んで踊り狂う(ムハムハ)。そして最後は全ては夢のようで・・・でも夢ではない!自分のすぐ近くにあるのかもしれない世界(ハッ)。

・・・これってネットの世界と似てるんですね

もちろん違う見方もあると思うのですが、そう考えるとこのPVの摩訶不思議感もうんうんと納得してしまうのでした。

 ↓アビチと組んだ時の曲。ボーカルのNoonie Bao(スェーデンの歌手)の声にマッチしたカジュアルなテンポがいいです。PVもこれまた衝撃的。 

 

Hardwell(ハードウェル)

ハードウェルの曲は電子音がふんだんに使われていて、私はあまり好きじゃないと思ってました。
なのに突如!聞きたくなるのです。

なんていうのだろう、あの音で頭の中をドンドン叩いてやってほしいみたいな(笑)
好き嫌いが激しい上にインパクトがあるのがハードウェルの特徴だと思います。

 

ZEDD(ゼット)

中堅どころにこの人を持ってくるのは悪い気が・・・。
それぐらい注目度も人気度が高いアーティストです。
その秘訣は、歌い手にマッチした曲作りではないかと思います。
普通サウンド自体が出来上がっていて、その曲にボーカルが乗せていく感があるのですが、ゼッドの場合はこうピッタリ合わせてくるんですね。
フューチャリングするアーティストの魅力をどんどん惹きだしていくような力がある。
それがZEDDの曲の世界観を作り、聴く人を惹きつけ魅了します。

 

EDMのDJアーティストを支えるボーカル達

 Alive(クルーウェラ)

クルーウェラとは人の名前ではなくて男性DJ1人とボーカル女性2人(姉妹)のユニットのことです。
そのためボーカルのカテゴリに入れるべきか悩みました。
しかし曲もさることながら、EDMのリズムにマッチさせて歌う、女性ボーカリストの声の美しさにやられてしまったのでこちらのカテゴリでよいでしょう’(笑)
ご堪能あれ!

 

Matthew Koma(マシュー・コマー)

EDMの今旬の売れっ子ボーカリストと言えばこの人、マッシュ・コマー!
ゼッドやハードウェルとも組んでますね。
この人の持ち味はなんといっても高音!
女性ボーカリストとは違う、少しひっかかるような幅のある声が素敵!(なんのこっちゃ)
軽快なEDMの音とよく合います。

 

Bright Lights(ブライト・ライト)

ブライト・ライトは有名DJとフューチャリングしていることが多いのですが、あまり情報が出てこないのが難点です。日本では知られていないのかな。
Never Say Goodbyey(↓の曲)のPVなんて撮影場所は日本なのに!
EDMサウンドに負けない尖った声が私は好きです。

 

 EDM音楽の楽しみ方はあなた次第!

いかがでしたか?
今回紹介したアーティスはほんの一握り、他にも沢山のアーティストがEDM音楽を作り、楽しみ、支えています。中級編では私なりの解釈を加えてみましたが、聴く人それぞれの中にドラマがあり、違う楽しみを感じることができます。
それこそ音楽の醍醐味であり、EDMというジャンルの幅の広さでしょう。

 

・・・なんて最後に今回も難しいこと書いてみたけど、とにかくノリノリになれるでしょ?

ガシガシのって歌って踊っちゃいましょ!

 

 - music, 洋楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Knotfest Japan 2014
メタルの帝王・Slipknot(スリップノット)に学ぶ成功の秘訣とは

2014年といえば日本の音楽業界で大きな出来事がありました。 メタルの帝王ともよばれるSlipkno …

yougaku
私推し!ライブが1番かっこいい洋楽アーティスト

  アーティストの曲をCDで聴いていると、ライブに行った時に「あれ?」って思うことありませ …

夏に聴きたい洋楽
夏の洋楽は熱い!海とビーチで楽しみたい洋楽6選

久しぶりのブログ更新です。 気がつけば、もう夏・・・(遠い目) 夏に聴きたい曲を今さら出しても・・・ …

心が枯れた時に聞く洋楽 それでも来る明日のために

ご飯を食べるのもトイレにいくのさえ辛い、苦しい日が誰にでもあるものです。そんな時はただ寝っころがって …

生涯中二病上等!ウップンが溜まった時聴きたい曲 ~マキシマム ザ ホルモン 予襲復讐~

7月31日にマキシマム ザ ホルモンの6年ぶりのフルアルバム『予習復讐』が発売されました。 私はいつ …

今が旬!知らないと損する熱い洋楽3選

最近意味もなくお腹をこわして、熱まで出たTamayaです。秋だからって油断大敵なのです。 まだまだ洋 …

ライブではじけてる雰囲気
ダンスミュージック好きな人必見!今はやりのEDMについて語ろう!(初級編)

photo credit:Gînfălean Ovidiu   先日小室哲也氏がスカパーで …

結婚式にも最適!聞くだけで幸せになれる洋楽5選
結婚式にも最適!聞くだけで幸せになれる洋楽5選

6月と言えばジューンブライドですね。結婚式にお呼ばれすることも多いと思います。私もこの6月に結婚する …

EDMのライブを楽しもう
ダンスミュージック好きな人必見!今はやりのEDMについて語ろう!(上級編)

photo credit:Nanagyei とうとうEDMのお話も上級編までやってきました。やはり最 …

女の力見せてあげるよ!パワフルな女性アーティストのコラボ 洋楽3選
女の力見せてあげるよ!パワフルな女性アーティストのコラボ 洋楽3選

最近、特にすごいと思うのがウーマン・パワー。 社会進出が当たり前になったからでしょうか。 それは洋楽 …