癒しのジャングル探偵団

現代に癒しを求めるタマネギ。主に国内や海外の旅行情報や、面白いネタを日々書いてます

ダンスミュージック好きな人必見!今はやりのEDMについて語ろう!(初級編)

   

ライブではじけてる雰囲気photo credit:Gînfălean Ovidiu

 

先日小室哲也氏がスカパーで「これからはEDMの時代になる。デヴィッド・ゲッタやアヴィーチーがこれからを先導して・・・」などと話しおりました。

うーん、でもなー、なんだかなー・・・しっくりこない。

EDMの時代はとうの昔から来てるし、デヴィッド・ゲッタの波はひと波終わったよ。
次の波がこれから来る感じ。
情報がずれてるというか、遅いよ・・・ね?

しっくりこないのでここいらで一発、私が勝手にEDMについて語ろうと思います。

 

スポンサーリンク

そもそもEDMって何?

まずEDMってなんぞやという話。Wikiさんに聞いてみましょう。

エレクトロニック・ダンス・ミュージック(英: Electronic Dance Music, EDM)とは、シンセサイザーやシーケンサーを用い、主にクラブないしは音楽を中心にすえるエンターテイメントの場において、その場の人々を躍らせるという明確な目的のもとDJの道具として作られる音楽である。このような使用目的のため、はなから生演奏は考慮せずに再生専用として作られ、また作曲者自身も作曲活動のほかDJ業も兼ねている場合がほとんどである。

古くは1970年代末から1980年代初期のヨーロッパ産のディスコミュージックにその原型が求められるが、特に1980年代末からの世界的なダンスミュージックの隆盛と機材の発達により、それ以後ほとんどのダンスミュージックがこの様式で作られている。以前は12インチレコードの形式で曲が発表されていたが、あわせて現在はネットでの配信も普及してきている。

 

 
簡単に言うと電子音を使ったダンスミュージックのこと。基本的にはDJがプロデュースする音楽。
非常にシンプルで分りやすいですな。多分みんなの知らないところでCMやドラマなどに使われているので、聴くだけで「これ知ってる!」となると思います。

 

EDMのアーティスト

では時代を先取りしてるEDMのアーティストについて触れたいと思います。

 David Pierre Guetta(デヴィッド・ゲッダ)

さっきもお話しましたがデヴィッド・ゲッダはすごいです。
上記で「ひと波終わって次の波が来ている」と話したのは、デビィッド・ゲッダの音がどんどん変わってきてるから。彼は沢山の有名アーティストとフューチャリングして人気がでました。BigWaveが来て、いろいろと変化があって、次の波がくるぞ!って感じです。(←今ここ)
DJで音がこんなに急激に変わるのはあまり聞いたことがないです。
どこまで行くんだ、デビィッド・ゲッダ。

元々音が軽く、フューチャリングしやすいのが特徴。
沢山の有名なアーティストと共演してます。

この半年で音がどんどん変わってきて、エレクトロニックぽくなっていく。

今ここ↓

今後のデヴィッド・ゲッダの動向に目が離せません。

 

Avicii (アヴィーチー)

今のEDMは若い人たちが中心になってるんだけどアヴィーチーはちょっと異色、というか独特。
EDMでありながら、カントリーぽいメロディを取り入れているんですね(本人はカントリーが嫌いらしいけどw)
この人も今後の変化がとても楽しみです。

 

 Skrillex(スクリレックス)

キザに言うなら「時代がスクリレックスに傾いてきた」という感じ。
彼の音楽が時代を引き寄せたのかも。
とにかく迫力がある音だしキレがある。が、上手く説明できないです。

彼の曲にBreakn’ A Sweatという曲があってこちらがメイキング風景です。
なにやらおじーちゃん達とモニョモニョお話してる。
そしておもむろに楽器を弾きだすおーじちゃん。

まさかこんなにカッコよくなるなんて・・・。
PVがこちら↓

音を聞くだけでスクリレックスと分る、それぐらい独創性があるアーティストです。

 

他にも afrojack、zedd、krewellaとかすごいDJが沢山いるのだけど一度に書ききれず、機会がある時に書いてみたいと思います。

 

日本にもすごいEDMアーティストがいる!!

Steve Aoki(スティーブアオキ)

スティーブ青木自身も凄い人なのだが、お姉さんがスーパモデルでワイルド・スピード2に出演していました。
兄弟そろって個性的。日本ではあまりメディアに出てきませんが海外での評価はとても高い人です。

 

YOJI

YOJIはEDM界ではとても有名。ラフィンノーズの元ベースをしていました。
テックダンスというジャンルを作ったすんごい人です!

 

これからのEDM

初めに戻って小室氏の「EDMの時代がくる」というお話ですが、私は少し違うと思います。

「EDMの時代がくる」のではなくて「EDMが浸透していく」というのが正解でしょう。

ひとつのジャンルに留まらず、他の音楽やアーティストと融合し変化し、どんどん新しく形を変えていきます。それほどどのジャンルの音楽とも相性がよい、それがEDMの特徴だと思うし魅力です。

 

と、難しいことを書いてみましたが、純粋にカッコええ!イケてる!

EDM最高です!

 - music, 洋楽

Comment

  1. aoki より:

    中級編を楽しみにしています♪

    • tamaya より:

      ハードルは高いですが、個性的でカッコイイアーティストがまだまだ沢山いるので頑張って書いていきます!
      コメントありがとうござました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

生涯中二病上等!ウップンが溜まった時聴きたい曲 ~マキシマム ザ ホルモン 予襲復讐~

7月31日にマキシマム ザ ホルモンの6年ぶりのフルアルバム『予習復讐』が発売されました。 私はいつ …

夏に聴きたい洋楽
夏の洋楽は熱い!海とビーチで楽しみたい洋楽6選

久しぶりのブログ更新です。 気がつけば、もう夏・・・(遠い目) 夏に聴きたい曲を今さら出しても・・・ …

Capital-CitiesのPV
おもしろい!楽しい!思わず最後まで見てしまうユニークな洋楽PV5選

面白いものに目がないTamayaです。最近は洋楽のPVを沢山見る機会が多いのですが、邦楽にはないよう …

女の力見せてあげるよ!パワフルな女性アーティストのコラボ 洋楽3選
女の力見せてあげるよ!パワフルな女性アーティストのコラボ 洋楽3選

最近、特にすごいと思うのがウーマン・パワー。 社会進出が当たり前になったからでしょうか。 それは洋楽 …

yougaku
私推し!ライブが1番かっこいい洋楽アーティスト

  アーティストの曲をCDで聴いていると、ライブに行った時に「あれ?」って思うことありませ …

結婚式にも最適!聞くだけで幸せになれる洋楽5選
結婚式にも最適!聞くだけで幸せになれる洋楽5選

6月と言えばジューンブライドですね。結婚式にお呼ばれすることも多いと思います。私もこの6月に結婚する …

アメリカヒップホップ界に一石を投じる!マックルモア-SAME LOVEという曲

聞いたことがある人もない人も、今日はMACKLEMORE(マックルモア)について、いろいろ知ってもら …

心が枯れた時に聞く洋楽 それでも来る明日のために

ご飯を食べるのもトイレにいくのさえ辛い、苦しい日が誰にでもあるものです。そんな時はただ寝っころがって …

Knotfest Japan 2014
メタルの帝王・Slipknot(スリップノット)に学ぶ成功の秘訣とは

2014年といえば日本の音楽業界で大きな出来事がありました。 メタルの帝王ともよばれるSlipkno …

どうしても日本語にしか聞こえない、私的空耳アワー3選
変な日本語にしか聞こえない、私の洋楽空耳アワー3選

  タモリ倶楽部の「空耳アワー」楽しいですよね。シチュエーションを合わせて映像を持ってくる …